粗大ごみを処分したい!安全かつスムーズに処分する選択肢



住んでいる自治体に回収の依頼をする

家にある不要になった物はそのままの状態にしておくと生活のスペースを圧迫することになります。使わなくなったと感じたタイミングで粗大ごみとして処分することが自宅を清潔に保つ基本です。粗大ごみの処分方法はいくつかある中で比較的多くの人が選択するのが自治体の利用です。住んでいる地域の自治体に回収の依頼をすることで引き取ってもらうことができます。ただし、自治体への依頼は原則回収日を指定することができません。指定された日に所定の場所に出すという流れになるのでスケジュールを調整する必要があります。回収に掛かる費用はサイズや種類で異なるため、事前に確認をしておくことも忘れてはいけません。

民間企業を利用する利点と注意点

粗大ごみの回収は自治体以外にも民間企業に依頼をするという選択肢もあります。民間企業に依頼をする大きなメリットの一つが利便性の高さです。自治体の依頼では回収日を指定できませんが、民間企業は大半の所が利用者の希望する日に合わせてくれます。平日は仕事で忙しいなど、対応できる日が限られている人にとってこの点は大きな魅力です。ただし、気を付けなくてはいけないのが業者の信頼性です。需要の増加に伴って回収を専門とする業者が増えていますが、中には違法営業で利益を上げている所も少なくありません。この手の業者に依頼をしてしまうと通常よりも高い費用を請求される、費用を浮かすために不法投棄で処分をするなどの被害を受けることもあります。費用だけで判断をせずに信頼性に重点を置かなくてはいけません。

粗大ゴミ回収業者は、市区町村で対応できないピアノや本棚、箪笥といった大型の製品を扱っているところが目立ちます。